www.mastercuoa.com

自動車に乗っているあなたならば承知していると思いますが、自動車税なるものを支払う義務があります。そして自動車税は、車の買い取りの際に返還されるのです。こういった内容はちょっと実行すると簡単に理解できますが、でははじめから順を追って詳細に説明します。ちなみに補足するとすれば、国産の自動車のみが対象ではなくドイツ車等も税金が返還される範囲に決まってます。当然愛車もそうです。自動車税は自動車の所有者が支払うお金なのですが、税額は車の排気量の大きさで決定されます。1リッターより小さいのであれば29500円となり1リッターから1.5リッターまでだと34500円。これ以降は500cc毎に5000円ずつ増えます。またこの税は4月1日時点で車を所有している人が来年3月までの税額を支払う定めとなっています。要は前払いになるので、勿論愛車を手放して、オーナーでなくなったケースには前払いした分の税額は返還されるというわけです。この自動車税というのは前払いで今年度の税金を納めるから、その翌年3月までの間にクルマを引き取ってもらった場合には新しい保有者が税金を負担するのです。買取先が専門店の場合は売却した際に先払いしている分の税金を返金してもらえます。まとめると所有者でなくなった日以後の税は権利が移った保有者が納付義務を負います。もし10月中に自動車を引き取ってもらった場合は11月以降来年3月の間までの税額は返金されます。それは、繰り返しになりますが自動車税の場合は前払いであるということからも明らかです。つまり、前所有者は買取先に払いすぎた税金を返還してもらうということです。個人間で車を売却する場合何気にこのような大切な事実に気づかない人が見受けられるので、きちんと確かめるようにしなければなりません。自動車税がクルマを売却すると返ってくることを意外と知られていないからと言って、そのことを言わない悪質業者も存在します。こちら側から自動車税に関しての話題を出さなければ、全く税金のことには触れないという場面もしばしば見受けられます。ですので自動車の買取をする時には、払いすぎたお金が返ってくるか否かをチェックすることをおろそかにしないようにしなければなりません。

コンテンツメニュー