www.mastercuoa.com

夫が15年前に喘息の発作を夜中起こすようになりました。 発作が起きるとどうしても横になることができないため、次の日の仕事に支障をきたすようになりました。 ともかく眠れませんし、呼吸が苦しそうで、見ているだけでもかわいそうでした。 対策として、ほこりが原因かもしれないので、毎日のように掃除機を念入りにかけたり、洗濯や食べる物にも気を配りましたが、その季節が来るとどうしても発作が起こるのです。 私が整体の仕事をするようになってから、それまでのベッドのマットレスを取り換え、寝返りが打ちやすく、ほこりを貯めこまないものに変えたら、その季節が来ても、発作を起こさないようになりました。 夫の場合は疲労がたまると体力が落ち、抵抗力もなくなって発作を起こしやすくなっているようでした。 寝る環境を変えたら、まず、朝の目覚めが違い、疲労感が残らなくなったそうです。 喘息の発作には病院からもらう薬も大切ですが、この疲労感を次の日に残さないことで体力を必要以上に消耗しなかったため発作が起こりにくくなったのではないかと思います。

コンテンツメニュー